げんきパワーをわずか15分で予約販売数81個!!

  • 2019.10.14 Monday
  • 09:30

JUGEMテーマ:健康

 

 

 

あるセミナー会場でセミナーの休憩時間(15分)でげんきパワーの商品説明と実演をしました。

 

 

 

 

 


セミナー受講者 80名

 

男性20%、女性80%

 

年齢40歳以上

 

商品説明、3種類

 

予約販売数、81個

 

 

・足首ベルト 39個

 

 

 

 

・ロングアイマスク 37個

 

 

 

・インソール 5個

 


皆様、大変驚かれていたようでたくさんの注文をいただきました。

 

げんきパワーは、装着いただければ違いがわかります。

 

 

 

げんきパワーのご感想を紹介します。

 

 

 

げんきパワー、足首ベルト、ロングアイマスク、腰ベルト
全身の体調改善

 

 

 

 

げんきパワー、足首ベルト
 

「いつもありがとうございます。


げんきパワー足首ベルトありがとうございました。
 

早速装着してみました。なにか足全体がフワッと軽くなったような気がします。
 

就寝中も着けていて良いとの事なので、今晩はこのままで寝てみようと思います。
 

またご連絡いたしますね。」

 

 

 

 

血流改善・筋力アップ

 

 

 

 

 

げんきパワー素材|プラウシオン効果↓ ↓

 

 

 

お問合せ

 

 

げんきパワー

 

 

筋肉を失うと脳の細胞も減少|脳の老化を防ぐ

  • 2019.09.27 Friday
  • 11:17

 

 

 

筋肉を失うと脳の細胞も減少|脳の老化を防ぐ

 

 

週刊女性より(2019/08/31 (土)

「山の事故の9割は下山中に起こっています。

 

高齢者が階段でけがをするのも9割が階段を下りるときです。

 

これは、下りるときに使う筋肉が衰えて、つまずいたり転んだりしてけがにつながっているからです」
 


こう話すのは、加齢医療の第一人者である白澤卓二先生だ。
 


「私たちの筋肉には大きく分けて『速筋』と『遅筋』の2種類があります。
 

 

『速筋』は、短距離走など瞬発力を必要とするときに使われる筋肉で、階段を下りたり、急に止まるときなどの“ブレーキ”の役割をします。
 

 

もうひとつの『遅筋』は持久力に優れていて、長距離を歩いたり走ったりするときに使われるほか、階段や坂を上がるときにも活躍する筋肉です」

 

 

(白澤先生・以下同)


ところが、人間の筋肉量は35歳くらいでピークを迎え、その後は衰える一方。しかも衰えやすいのは速筋のほうなのだという。

 

 

速筋は、足を踏み外してもちゃんと着地して体を支えるといった、守る力を発揮してくれる筋肉なので、最近転びやすくなったという人は、速筋が鈍っているのかもしれない。


速筋の衰えがもたらす影響はそれだけではない。速筋の量は脳の若さにも関係するというのだ。


「足と脳は深く連動しており、足が刺激されると脳神経が発達することがわかっています。

 

 

逆に、歩行が安定しなくなると脊髄の運動ニューロンが減少しているという研究結果もあるように、筋肉を失うことは脳の神経細胞を失うことと同じなのです」


速筋を鍛えるには、布団の上げ下げ、床の雑巾がけ、和式トイレの使用、階段の上り下りなどの動作がよいと白澤先生は言う。

 

 

どれも日常生活の中でできる動きだ。


「昔ながらの和の生活様式の中では、速筋をフル活動していました。今の住宅・都市構造はバリアフリーで便利になった一方で、私たちの体の機能を退化させてしまっているようです。

 

 

ベストな動作は山歩きです。
 

 

山道には規則性がありませんから、次にどこに踏み出そうかと瞬時に判断しなければならず、それが筋肉を鍛え、同時に脳にも刺激を与えるからです」


「筋肉を鍛えることで、成長ホルモンの分泌が活発になり、内臓や器官、新しい皮膚や筋肉、骨をつくったりし、免疫力を高め、視力を向上させたり、認知機能を上げるなど新陳代謝が活発になります。

 

 

また、若返りのホルモンも分泌され、体を酸化から守ってくれる、細胞の再生力を高めるなどの働きをしてくれるのです」


動くことは脳を鍛えること

脳の細胞は死んでしまうと2度と元に戻らない。
 

 

−かつてはこのように信じられていましたが、今世紀になって、脳細胞は再生することが明らかとなりました。

一般的に、脳の神経細胞は加齢にともなって数が減り、脳は萎縮していきます。

 

 

脳の萎縮を進行させる要因として、加齢のほかに脳血管性疾患、飲酒、喫煙などが報告されています。

 

 

一方、ジョギングなどの有酸素運動は脳の萎縮の進行を防ぐことが指摘されています。

 

しかし、「脳の細胞を増やすためにジョギングしましょう」といっても、運動が苦手な方や、ここ数年、全く運動していない方にとっては、なかなか難しいと思います。
 

 

脳の萎縮を予防するために、手軽に行うことができる運動はないでしょうか。

 

我々は「歩くこと」に着目し、歩数が脳萎縮の予防効果をもつかどうかを調べました。

 

 

対象となったのは、NILS-LSAの第2次調査と8年後の第6次調査の両方に参加された、50歳以上の男性381名と女性393名の方達です。
 


その結果、男性では、1日の歩数が最も多いグループの脳の前頭葉(意欲をもつことや、計画を立てて行動することに影響します)の萎縮の悪化のしやすさは、最も歩数が少ないグループの約3分の1にとどまっていました(図1)。
 

 

すなわち、趣味でよく歩く方、あるいは仕事や家事などで多く歩く方ほど、前頭葉の萎縮は悪化しにくいことが示されました。

 

 

 

図1

 

 

一方、女性では歩数と前頭葉の萎縮の悪化との関係性を見出すことはできませんでした。
 

 

その代わり女性では、総エネルギー消費量が最も多いグループの前頭葉萎縮の悪化のしやすさは、総エネルギー消費量が最も少ないグループの約10分の1であることが分かりました(図2)。
 

総エネルギー消費量とは「運動(体を動かすこと)によるエネルギー消費量+基礎代謝量+食事によるカロリー消費量」のことです。

 

 

 

図2

 

 

血流改善・筋力アップ

 

 

 

 

 

 

 

 

げんきパワー素材|プラウシオン効果↓ ↓

動画(6分29秒)

 

 

 

お問合せ

 

 

げんきパワー

 

血液が不健康だと運気ダウンします??

  • 2019.09.26 Thursday
  • 10:31

JUGEMテーマ:健康のためにやっていること

 

 

 

げんきパワーの普及活動をしてくれている方からお話をお聞きしました。

 

 


困っている人にげんきパワーを貸しているそうです。

 

 

 

 

「毎晩、寝ていると、足がつる方にげんきパワー足首ベルトを貸したそうです。

 

 

なんと・・・

 

 

装着した2日目で足のつりが全くなくなったそうです。」

 

 

 

 

※なぜ、寝ている時に足がつるのか??

 

 


筋肉量が減少している ⇒ 筋肉内の血行が低下する ⇒ 乳酸などの疲労物質が排出しづらい ⇒ 末梢神経の興奮を抑えにくくなる ⇒ 筋肉の細胞が暴走しやすい。

 

 

 


血液が不健康だと運気ダウンします??

 

 

 

人間の身体が悪くなる原因のほとんどが血液、血流が悪くなることに関係していると言われています。

 

 

 

血管は人間の体内の実に80パーセントを占めている重要な部分で、血液だけでも自分の身体の約13分の1もの量が体内を巡っているのです。

 

 

 

これだけ重要な血液が体内をくまなく健全に巡らせることが出来れば健康運はもちろんのこと、肌艶や顔つき、オーラなどが良くなり対人運や恋愛運もアップします。

 

 

 

また血流が良くなることで脳が活性化されるため学業運や仕事運もアップしますので、「血液の健康イコール全ての運気がアップする」という考え方でも過言ではありません。

 

 

 

 

※誰もが納得できる話だと思います。

 

 

 

 

人体のほとんど、筋肉でできています。

 

 

 

「老化 = 筋力ダウン」

 


「若返り = 筋力アップ」

 

 

血管も筋肉です。

 

 

「血流不全 = 運気ダウン」

 

 

 

NHKスペシャル「ゴースト血管が危ない美と長寿のカギ毛細血管」

 

「ゴースト血管 = 血管の壊死」

 

2018/05/11放送

 

http://www.hp-mb.com/ghost.html

 

 

 

血流スコープによる末梢血流変化の観察。

 


一瞬で変化します↓ ↓ ↓

 


プラウシオン(げんきパワー)装着前。

 

http://www.hp-mb.com/PROUSION2.html

 


プラウシオン(げんきパワー)装着後。

 

http://www.hp-mb.com/PROUSION3.html

 

 

あなたは、毛細血管に自信がありますか??

 

 

 

※げんきパワー首ベルト追加しました。

 

http://www.int171.com/

 

重い「頭」を支える首は、筋肉疲労を起こしやすく、疲労が重なると肩こり・頭痛・めまい・自律神経失調症などいろいろな疾患の要因になります。

 

 

 

 

 

 

げんきパワー素材|プラウシオン効果↓ ↓

動画(6分29秒)

 

 

 

お問合せ

 

 

げんきパワー

 

 

げんきパワー全身装着イメージ

  • 2019.09.25 Wednesday
  • 12:10

JUGEMテーマ:健康器具・衛生用品

 

 

 

げんきパワー素材プラウシオン4つの性質

 


1、全身の血流改善作用


第2回日本健康促進医学会大会
 

第3回日本健康促進医学会学術総会​
 

 


2、活性酸素の除去機能


第12回中日薬理学会大会
 

第8回生物医科学遺伝性高血圧学会大会
 

 


3、筋・組織の再生促進作用
 

第21回日本トレーニング科学会大会
 


4、α波誘導リラクセーション効果
 

第1回健康促進・末端改善
 

医学会学術総会

 

 

 

抗酸化力・血流・代謝・免疫力アップ・自立神経の改善!!

げんきパワーは、用途に応じて、子供からお年寄りまでお使いになれます!!


額(ロングアイマスク、バンダナ)・首・喉・腕・手首・肘・肩に掛ける(マフラー)・お腹・腰・膝・ふくらはぎ・足首に装着することができます。

 

 

 

 

全身装着イメージ

酸化ストレスが関連するおもな疾患

 

 

酸化ストレスは100以上の疾患の原因とされています。

 

 

 

 

げんきパワーのご感想を紹介します。

 

 

げんきパワー足首ベルト
変形性膝関節症。
家事が楽になった。
宍戸祐子様
※ご来店いただいた方のご感想を動画でご紹介します。


(1分46秒)




げんきパワー足首ベルト
歩きやすさ、肩こり改善。
※ご来店いただいた方のご感想を動画でご紹介します。


(1分51秒)

 

 

 

 

げんきパワー素材|プラウシオン効果↓ ↓

動画(6分29秒)

 

 

 

お問合せ

 

 

げんきパワー

 

 

げんきパワー|血流が良くなると心の悩みまで解消するは本当か??

  • 2019.09.20 Friday
  • 08:54

JUGEMテーマ:日常

 

 


血流が良くなると心の悩みまで解消するは本当か??

 

 

体の血を十分に増やし、巡りも良い「血流たっぷり」の状態にするだけで、
体の不調はもとより、心の不調まですべて解決すると提唱する書籍『血流がすべて解決する』が、発売から7カ月で16万部と反響を呼んでいる。

 

 


著者で漢方薬剤師の堀江昭佳さんへの前回のインタビューで、「血流たっぷり」な状態にするには「1週間夕食断食」が有効なことはわかった。
 

 


では、睡眠や運動の効果はどうなのか。
 

 


また、血流不足が改善すると心の悩みまで解決するケースが多いというのは本当なのか。さらにお話をうかがった。
 

 


■深夜1〜3時に血はつくられる
 

 


――「血流たっぷり」な状態になるには「1週間夕食断食」が有効なことはわかりました。食事以外ではどうでしょうか。
 

 


多忙でなかなか十分な睡眠がとれない人も多いですが、睡眠の質を高める方法は?
 

 


漢方では、夜0時をはさんだ2時間は体の陰と陽が入れ替わる時間で、この時間に眠っていることが重要とされます。
 

 


陰陽がうまく入れ替わって初めて、その後深夜1〜3時に血がつくられます。ですから夜は11時までに寝るのが理想です。
 

 


もっとも、仕事の関係などもあってなかなかこの時間には眠れない人は多いでしょう。毎日規則正しいリズムで体調が悪くないのであればもう少し遅くてもよいですが、不調を直したいのであれば、睡眠はぜひ見直してください。
 

 


とはいえ、血が足りない人はなかなか寝付けない人も多いのが現状です。
 

 


血がつくられるはずの深夜1〜3時に深く眠れていないと、それがさらに血流不足を招くという悪循環に陥りがちです。
 

 


血が足りない人は熟睡できず、眠りが浅いせいか、夢を多く見るのも特徴です。
 

 


こうした悪循環を断ち切るためには、やはり1週間夕食断食などで胃腸を元気にして血をつくることも大切ですし、睡眠リズムという点では、朝日を意識的に浴びることも重要です。
 

 


できれば朝起きたらいったん外に出て浴びるのがよいでしょう。
 

 


日光を浴びることで、体内時計がリセットされ、夜に睡眠ホルモン(メラトニン)が分泌されて睡眠に入りやすくなります。
 

 


――血流を良くするためには運動も効果がありますか?

 

 

もちろんです。
 

 


走った後やヨガをした後などに、すっきりしたという経験はないでしょうか。これが、血流が良く脳もクリアな、本来のいい状態です。運動すれば、心臓が血液を送り出して、足の筋肉ポンプと、呼吸のポンプで心臓に血が戻るという循環が行われるので、血流が良くなります。
 


運動する時間がなかなかないという人は、「ドローイン」と呼ばれる、おなかを引っ込めてインナーマッスルを鍛える方法を日常で気づいたときに実践すれば、内臓を正しい位置に収めることができ、胃腸のはたらきを整えて血をつくることにもつながります。
 

 


また、呼吸も大切です。ヨガや太極拳などは呼吸も大きく深いので、横隔膜がつくる圧力が大きくなり、静脈の血流が良くなります。
 

 


幸せホルモンと呼ばれるセロトニンなど脳内の神経伝達物質も血流によって左右されますので、深い呼吸で脳波もゆるやかになって、脳のストレスが低下し、気持ちもリラックスします。
 

 


「マインドフルネス(瞑想[めいそう])」など、大きく深い呼吸を日ごろから意識するのもよいですね。私がおすすめしているのは、1回の呼吸で腹式呼吸と胸式呼吸を同時に、しかも「吸う:吐く」を1:2で行う「完全呼吸」です。

 

 

1日のうちにいつ、何度やってもよいですし、寝る前に完全呼吸をすると眠りにも入りやすく、取り入れやすいと思います。
 

 


――血流が増えて体調が良くなることを実感するにはどのくらいの時間がかかりますか?
 

 


不足の程度にもよりますが、一つの目安は4カ月です。
 


というのは、赤血球が骨髄で生まれて全身を巡り、最後に脾臓(ひぞう)で壊されるまでが120日、すべての血液が新しく生まれ変わるのに4カ月かかるからです。
 

 


血流を良くするときに大切なのが、「つくる・増やす・流す」の順番を守ることです。胃腸の調子が良くないと、そもそもの血をつくることができませんので、まずは食事改善から取り組んでください。
 

 


最初の1週間は夕食断食で胃腸を丈夫に、2週目からは夕食は普通にとるようにして睡眠改善に取り組み、3週目からは運動などの生活改善も取り入れ、4カ月集中して血流改善生活を送るのがおすすめです。
 



しかし、4カ月たたないと変化が起きないわけではなく、その間、日々着実に体は変わっていきます。血流が良くなれば、さまざまな不調が解消され、体も心も、勝手に良い状態になっていきます。
 

 


■心も生活も、まずは体を整えることから
 

 


――著書では血流を良くした結果、家族との確執や心の悩みまで解決したというエピソードがたくさん紹介されていました。
 

 


血流が体だけでなく心まで影響することについて、どのように考えればいいでしょうか?
 

 


一言でいえば、細胞レベルで体が元気になることが関係していると思います。
 

 


自分が1つの細胞になったとイメージしてみてください。栄養源である血がつくられなかったり、届かなかったらどんな気分になりますか? 
 

 


エネルギーが湧いてこなかったり、不安な気持ちになったりしますよね。
 

 


漢方においても、血をつくれなかったらやる気が出ない、血が足りなかったら不安感が高まる、血が流れなかったらイライラすると、血流は心の状態と結びつけられます。逆に血流を良くすると、細胞1個1個が健やかな状態になるから、心のベースが安定するのだと私は理解しています。
 

 


――著書の中で「体が心を支える」という言葉が印象的でしたが、心と体は一体なんですね。
 

 


「心身一如」という言葉もありますが、体と心は最初から分けられないものなのだから、何か心の悩みがあるときも、心だけどうにかしようと頭でぐるぐる考えるより、まずは体から整えたらいいと思います。
 



私は体の専門家ですので、相談に来られる方に対して、体に対するアプローチをするのですが、体が良くなると、発する言葉が面白いほど変わってきます。

 

 

元気になってくれば、当然、気持ちも明るくなってきます。
 

 


結果的に、病気を克服したうえに心も常識や執着といったことから解放され、家族との確執や人間関係の悩みも解決する方が多いのですが、当然といえば当然ですよね。体の状態が良くなると、余裕が生まれて笑顔になりますから、心がいい状態で自分の問題に向き合うほうが解決しやすくなるのです。
 


カウンセリングを通じてそうした人をたくさん見てきた実感があるからこそ、心の悩みを心で解決するのではなく、ちゃんと体を整えて自分に向き合う準備をしましょうと言いたいです。

 

 

そのためには、月並みになってしまうけれど「食事(食べすぎない)」「よく眠る」「きちんと動く」ことがやはり大事なんです。
 


たとえば夕食断食をして翌日の朝、1日を楽にスタートできたら、そんなに1日中イライラして過ごさなくてよくなるのではないでしょうか。

 

現代は食べるものも、ストレスも、情報も、いろいろなものが過剰ですから、過剰なものをなるべくそぎ落としていくようにすると、フラットな本来の自分に戻れると思います。

 

 

 

 

●げんきパワー使用のご感想を紹介します。



体調改善、肌改善!
ハリ、アップ、くすみ、しわ、たるみ(目の下)。
飛蚊症改善、耳鳴り改善。
※ご来店いただいた方のご感想を動画でご紹介します。

 


(2分9秒)


げんきパワーロングアイマスク・足首タイプ
毛細血管の血液循環の改善。
体調改善。
足のトレーニング。
※ご来店いただいた方のご感想を動画でご紹介します。


(1分44秒)

 

 

 

 

げんきパワー素材|プラウシオン効果↓ ↓

動画(6分29秒)

 

 

 

お問合せ

 

 

げんきパワー

 

 

中性脂肪15%減 NASAが発見した「耳石」アンチエイジング

  • 2019.09.19 Thursday
  • 09:28

JUGEMテーマ:健康

 

 

中性脂肪15%減 NASAが発見した「耳石」アンチエイジング

 

 

げんきパワーロングアイマスクは”耳石”を刺激し平衡機能をアップ!!

 

 

 

人類は老化を止められるかもしれない。
 

 

そのメカニズムを発見したのはNASA(米航空宇宙局)。
 

 

一体、どのようなものなのか。


宇宙では地球上よりもはるかに早いスピードで老化が進む。

 

 

JAXA(宇宙航空研究開発機構)によると、宇宙飛行士の骨密度は、骨粗鬆症患者の10倍早く減少し、骨折や血中に溶け出したカルシウムによる尿路結石のリスクが高くなる。


また、宇宙ではふくらはぎの筋肉が毎日約1%ずつ細くなるが、この減少量は、地上にいる高齢者の筋萎縮の半年分に相当する。


急激な老化への対策はNASAの長年の課題だった。

 

 

そして研究の結果、ついにその原因をつきとめたという。
 

 

それを踏まえた対策を取れば、老化を遅らせることができる。
 

 

ポイントは「耳石」だ。


耳石とは、耳の奥にある極小の粒のこと。

 

 

耳石が重力で引っ張られて移動すると、人間は体の傾きを感知する。
 

 

耳石は「三半規管」と並び平衡感覚の基盤となり、「平衡石」とも呼ばれる。


 

NASAエイムズ研究所の元研究員で、東邦大学医学部客員教授の三井石根医師が「耳石と老化の関係」を解説する。

 


「重力のある地上では、姿勢を維持するために腹筋、背筋などの『抗重力筋』が常時働いており、耳石が動いて体の傾きを感知したら、足を一歩前に出して踏ん張るなど、筋肉が反射的に動いて姿勢を維持します。
 

 

ところが、無重力では耳石が浮いたままで動かないため、骨や筋肉が使われず急速に萎縮して衰えていきます」


 

医学博士の村上一裕氏も耳石が動かないことのリスクを指摘する。

 

 

「耳石が働かないと骨や筋肉だけでなく、自律神経や心臓の動き、コレステロールの代謝など、人体の様々な部分に影響します。
 

 

 

無重力で人体が老化するのは、老化を防ぐ“若返りスイッチ”の耳石が活発に働かないことが大きな要因です」


人類は老化を止められるかもしれない。

 

 

そのメカニズムを発見したのはNASA(米航空宇宙局)。
 

 

一体、どのようなものなのか。


宇宙では地球上よりもはるかに早いスピードで老化が進む。

 

 

JAXA(宇宙航空研究開発機構)によると、宇宙飛行士の骨密度は、骨粗鬆症患者の10倍早く減少し、骨折や血中に溶け出したカルシウムによる尿路結石のリスクが高くなる。


 

また、宇宙ではふくらはぎの筋肉が毎日約1%ずつ細くなるが、この減少量は、地上にいる高齢者の筋萎縮の半年分に相当する。

 

 


●げんきパワーのご感想を紹介します。

 

 

げんきパワーロングアイマスク


目の状態改善(緑内障)
パソコンを使うお仕事の方に。

※ご来店いただいた方のご感想を動画でご紹介します。

(1分37秒)

 


げんきパワー足首ベルト


腰痛改善。
新陳代謝が良くなった。
バランス感覚安定。
※ご来店いただいた方のご感想を動画でご紹介します。


(1分59秒)

 

 

 

げんきパワー素材|プラウシオン効果↓ ↓

動画(6分29秒)

 

 

 

お問合せ

 

 

げんきパワー


 

元気パワー(げんきパワー)も工夫次第!!

  • 2019.09.18 Wednesday
  • 09:34

 

 

●元気パワー(げんきパワー)も工夫次第!!

 


げんきパワーを工夫すると色々な使い方ができます。

 


・ロングアイマスク

 

 

 

 


寝る時、頭に巻くのに違和感があれば、枕上にセットして寝ても同じ効果を得られます。

 


お腹に巻いてダイエットにチャレンジしている方がいます。

 

 


手首ベルト

 


ゴルフ、野球、テニスを行う方。

 


腕を使うお仕事をされている方。

 


足首ベルト


サッカー、ラグビー、陸上選手、スケートを行う方。

 

 

アスリート全般。

 

 

足を使うお仕事をされている方。

 


首ベルト、ロングアイマスク


声を出すお仕事をしてる方。

 

歌手、声優、役者。
(寝る時に巻く)

 

 

 

健康維持や体調不良改善は、もちろんですが、様々な使用方法があります。

 


※げんきパワー!!
http://www.healer-ai.com/GenkiP.html

 

 

 

げんきパワーのご感想の紹介です。

 

 

げんきパワー、足首ベルト・ロングアイマスク。


足のむくみ解消。

 

体調不良改善。

 

橋本病(国の難病指定)の血液数値改善!!

 

甲状腺に慢性的に炎症が起こる病気で、慢性甲状腺炎とも呼ばれ、自己免疫性疾患の一つです。

 

※ご来店いただいた方のご感想を動画でご紹介します。

 

 

 

 

げんきパワー腰ベルト・アイマスク・足首ベルト

 

テレビの音量がハッキリした。

 

椎間板狭窄症改善。

 

※ご来店いただいた方のご感想を動画でご紹介します。

 

 

 

 

げんきパワー素材|プラウシオン効果↓ ↓

 

動画(6分29秒)

 

 

 

お問合せ

 

 

げんきパワー


 

 

げんきパワーは、現代医療を超越するか??

  • 2019.09.17 Tuesday
  • 09:44

 

 

 

●げんきパワーシリーズは、毎日、たくさんのご感想をいただいております。

 


PROUSIONという素材は、現代医学を超越してしまうのでは、ないかと思うほどです!!

 


30代でも認知症になる時代です。

 


 

「足」と「脳」の老化だけは、予防したいものです。

 

 

 

●PROUSIONによるアイマスクα波増幅効果!!

http://www.int171.com/alpha.html

 

 


昨今、精神疲労のみならず肉体疲労も、感知するのは脳であり、根源的な疲労とは脳疲労とされている。

 

 

それは、過剰なストレス、過激な運動、睡眠不足、薬剤の使用、栄養の偏重などに起因する。

 

 

疲労した脳では、末梢血流の悪化、自律神経系の不安定、神経伝達物質の分泌に失調が起きる。

 


          
※PROUSION含有アイマスクの短時間の使用で、脳の緊張緩和と共に、爽やかなリラクセーション感や脳の覚醒・爽快感および脳疲労の回復感を得られることが期待される。
          

 


周波数:α波7〜13ヘルツ。
          

 


リラックスしている状態で、カンやひらめきが動く脳波。

 


 

●げんきパワーアイマスク!

 


http://www.int171.com/

 

 

 

げんきパワーのご感想です。

 

知人の紹介で、げんきパワーの足首ベルトを2ヵ月前に購入しました。


冷え症で胃腸も弱く、悩んでいましたが足首ベルトをつけた翌日から特に膝から下の冷えが改善し、その効果に驚きました。
 

その後、ロングアイマスクと腰ベルトを購入、胃腸の調子も良くなり私にとって大切な健康の宝物となりました。
 

夏になると電車やオフィスのクーラーで頭痛や関節が痛くなっていましたが今年の夏は安心して過ごせます。
 

本当にありがとうございました。

 

 

 

げんきパワー素材|プラウシオン効果↓ ↓

 

動画(6分29秒)

 

 

 

お問合せ

 

 

げんきパワー


 

 

 

げんきパワー|血流改善!!

  • 2019.09.16 Monday
  • 08:55

 

 

 

 

●げんきパワー|血流改善!!

 

 

プラウシオン配合製品は、血流を改善します。

 

 

げんきパワーは、プラウシオン配合製品です。

 

 


プラウシオンは、医学学会でB-Scanによる指先の末梢血流変化実験結果を発表しています。

 

 


指先の毛細血管で血流改善が見られるという事は、全身の血流が良くなっているという事です。

 

 


顔も内臓も、そして脳内も。

 

 


血流が良いと何が起きるでしょうか?

 

 

 

細胞や組織に酸素、栄養素が行き渡りますから、代謝も高まりますし、免疫力も高まります。

 

 


エイジング・ケアにもなります。

 

 


心身が元氣になります。

 

 

 

 

げんきパワー足首ベルトのご感想を紹介します。

 

 

 


※旅行の帰り、空港に向かう際に足首を捻挫したとのご連絡がありました。

 


1、「こんにちは😘😍

 

昨日はお忙しいところありがとうございました。

 

帰りのバスでスマホの電池もなくなり、失礼しました。

 

足のご報告ですか、いえに戻ってすぐ元気ベルトを足の甲に巻きつけていますが、だんだん痛みがひいてきました。まだちょっと腫れて痛みはありますが、通常でしたらもっともっと腫れて痛く歩けないところです。

 

それがこんなに早く回復するなんて本当に驚きです。

 

ありがとうございました。😘😍」

 

 

 

2、「先生こんにちは。

 

今日商品が届きました。

 

ありがとうございます。

 

すぐに足首に取り付けて見ました。

 

そしてその結果、足の痛みが少し無くなり歩きやすくなりました。

 

そして足首ベルトからすっとした心地と冷たさが感じます。」

 


ご感想ありがとうございますm(__)m

 

 

 

 

げんきパワー素材|プラウシオン効果↓ ↓

 

動画(6分29秒)


 

 

 

 

お問合せ

 

 

げんきパワー


 

 

げんきパワー|3万人以上の足の悩みをサポートしてきたオーダー靴専門店が開発

  • 2019.09.15 Sunday
  • 09:08

JUGEMテーマ:健康

 

 

●げんきパワー|3万人以上の足の悩みをサポートしてきたオーダー靴専門店が開発

 

 

 

 

げんきパワーシリーズは、オーダーシューズの老舗ベルシャンが長年の「足と靴と健康」の研究を通じて開発された製品です。

 

 

当品をはじめて試着する方は、足元や体軸の安定がその場で実感され、そのパワーに不思議がり、驚かれます。

 

 

池袋店では月間300個以上が売れており、今後リピーターや口コミによって更に喜びの輪が広がっていく人気商品になっています。

 

 

腰痛・膝痛・肩こり・不調・外反母趾等の足トラブルなどでお悩みの方、足腰などが衰えている高齢者の方、未病対策として健康に気を遣われている方などに好評です。

 

 

現在、家庭の出費のなかで、健康関連の商品やサービスにかける費用が最大で、今後、急速に高齢化が進むなかで健康増進への関心がより一層高まっていきます。

 

その中で健康への効果が期待できる良質のヘルスケア商品へのニーズは強まっています。